ゆか日記

written by 松澤 由佳

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

氏神さま

今宮神社
どういうわけか、37年も住んでいた東京の練馬に、まったく未練を感じません。
行けば多少懐かしく、住んだら慣れているから楽だろうな、と感じる程度です。

夫の実家は、鹿沼で5代とか6代続く染物店で、お祖母さんやお義母さんの話を聞いていると、
たいへん深く、この土地に根付いていることを感じます。
生計を、この土地の人びとから得て立てていたから、というのは大きいと思います。

またお義母さんの世代までは、この土地で生まれ育ち、働いて結婚し、この土地で生涯を終える、
という生き方の人が、ほとんどのようです。
この事は、私にとっては大きなカルチャーショックでした。

サラリーマン家庭では、仕事の都合で住む土地が決められたり、はたまた転々とさせられたり。
通勤の勝手の良い土地を”選んで”住む、という感覚が通常だと思います。
親戚にしろ友人にしろ、私のこれまで所属していた“世間”では、そういう生き方がフツウでした。

私にとっては、なにか土地に、深い因縁を持って生きるという感覚は、
ニュースの中の、災害やダム建設で土地を追われた老人たち、というイメージにしかなかったのです。

おそらく、これから37年間この鹿沼に住んでも、私は練馬と同程度の愛着しか持たないのではないかと思っています。
それとも、江戸っ子の浮き草感覚が薄れて、私も土地に根付くのでしょうか?
わかりません。

それでも、この土地の家に嫁に来て、ここで暮らし始めたからには、
ここに敬意を払い、早くなじみたいと思っています。

鹿沼の氏神さまは、今宮神社という、夫の子どもの頃の遊び場の一つだったところだそうです。
今秋、結婚式を挙げさせてもらいます。

スポンサーサイト

<< ベランダの番人home